骨盤ベルトの効果は?

骨盤ベルトの効果を検証

骨盤矯正の効果

骨盤矯正とは

骨盤のゆがみには、前後左右のずれ、傾きなどがあり、ゆがみ方は人によって異なります。また、骨盤矯正の方法にも、体操やストレッチやスクワット、椅子やクッション、ベルトや整体など、いろいろあります。どの方法を選ぶにしても、自分の骨盤のゆがみ方を把握した上で、自分に合った方法を選びましょう。

体操によって矯正する場合、骨盤周りのゆるんだ筋力を鍛えることが大切です。ゆがみによってずれたり、広がったりした筋肉を効果的に鍛える方法です。骨盤周りの筋肉が硬くなり、骨盤の動きが悪くなっている場合には、ストレッチを行って骨盤周りの筋肉をほぐすことが有効です。

ふだん身体を動かすことが少ない方でも無理なく行えるのがメリットです。スクワットも、少ない回数から始めることで、無理なく大腰筋を鍛えることができます。上半身と下半身をつなぐ大腰筋は、よい姿勢を保つためには欠かせない筋肉です。

椅子やクッションを利用して、骨盤のゆがみを治すこともできます。姿勢が崩れないような形状や、開いた骨盤を締め付ける形状があり、骨盤のゆがみを解消し、同時に予防することもできます。

骨盤ベルトを巻いて、ほどよい圧力をかけることで骨盤を正常な位置に戻すこともできます。運動や体操を継続して行うことが苦手な方にもお勧めです。ベルトのほかにも、スパッツやガードルなどもあります。 整体やカイロプラクティックなど、専門家に骨盤矯正の施術を受ける方法もあります。ほどよい圧力をかけて、少しずつゆがみをとっていきます。

Copyright (C) 骨盤ベルトの効果を検証 All Rights Reserved