骨盤ベルトの効果を検証

骨盤ベルトの効果を検証

骨盤の基礎知識

骨盤の構造と役割

骨盤は、大腿骨と脊柱のあいだで身体を支えるいくつもの骨の総称です。ですから、骨盤という骨は存在しません。解剖学的には、左右1椎の寛骨、仙骨、尾骨で構成されています。

寛骨は、腸骨、座ると椅子にあたる座骨、膀胱の下の恥骨の3個の骨が融合してひとつになった骨で、子どものうちは軟骨によってつながっていますが、17歳頃に完全に一体化します。左右の寛骨は、お腹側で恥骨結合とよばれる繊維軟骨によってつながっています。

背中側は、仙腸関節によって仙骨とつながっています。仙骨は、5個の仙椎がひとつにくっついたもの、尾骨は、個人差がありますが、3から6個の尾椎が連結した骨です。 骨盤の大きさと形には男女差があり、男性はがっちりと締まっていて、中央の空間が漏斗の形をしています。女性は男性に比べると、横に広く浅い形をしていて、中央の空間がハートの形をしています。これは、女性が妊娠時に胎児を支え、胎児がスムースに産道を通れるようにするためです。

骨盤は、腸、泌尿器、子宮や卵巣、精巣など、骨盤内臓と呼ばれる臓器を守っています。骨盤は私たちの意識や動作に関係なく、上下左右に動いたり、開いたり閉じたりします。

しかも、ひとつの骨でできているわけではないので、上下左右へのずれや傾き、ゆるみや硬化などのゆがみが生じやすい構造です。身体の土台である骨盤がゆがむと、身体全体のバランスが崩れます。とくに女性は、男性に比べて筋力が弱い上、出産に備えてもともと骨盤が柔軟にできていますから、骨盤を支える筋力が衰えると、ゆがみやすくなります。

Copyright (C) 骨盤ベルトの効果を検証 All Rights Reserved