骨盤ベルトの効果を検証

骨盤ベルトの効果を検証

骨盤の基礎知識

ゆがみによる不調

骨盤は、身体の中心であると同時に、たえず上下左右に動いています。本来はいちばん安定した位置に戻るはずなのですが、なんらかの原因で骨盤が上下左右にずれた状態が続くと、ゆがみが生じます。

骨盤にゆがみが生じると、上半身と下半身のバランスが崩れ、全身に異常な緊張状態が起こります。脊柱の上部は、骨盤のゆがみによる異常を修復しようと、カラダ全体のバランスをとろうとしますので、その結果として、頭痛や肩こり、首の痛みが起こります。

下半身にも悪影響が出ます。骨盤のゆがみによって、左右の股関節にかかる重心が変化し、弧関節痛やO脚、X脚といった脚の変形が生じます。骨盤が開いたままになることで、大腿骨が外側を向き、O脚やX脚になるのです。

骨盤が閉じた状態になり、子宮や卵巣などが圧迫され続けると、女性ホルモンのバランスが崩れます。その結果、生理痛、生理不順、肌荒れなど、女性を悩ませるさまざまな症状を引き起こします。とくに、骨盤を司る仙骨は、女性ホルモンと密接な関係があります。 骨盤のゆがみによって、骨盤内の大腸や小腸の位置がずれると、便秘や下痢といった症状があらわれます。

下半身への血流が極端に悪くなると、下半身太りになることもあります。 睡眠中、身体はリラックスして骨盤は開いているのがふつうです。ところが、強いストレスなど、何らかの原因で骨盤が閉じたままの状態で寝ようとすると、不眠症になることがあります。さらに、頭蓋骨にある後頭骨と骨盤はつながっていると言われています。因果関係はまだはっきりしていませんが、骨盤が開くと顔の骨格も広がり、顔が大きくなるとも考えられています。 このように、骨盤のゆがみは、全身に影響をおよぼすのです。

Copyright (C) 骨盤ベルトの効果を検証 All Rights Reserved