骨盤ベルトの効果を検証

骨盤ベルトの効果を検証

骨盤の基礎知識

骨盤のゆがみ

骨盤は、私たちの意志とは無関係に動いています。そして、私たちの神経に大きな関わりをもっています。骨盤が開きぎみになるのは、リラックスしているときです。たとえば、音楽を聴く、読書をするなど、趣味の時間を過ごしているときです。

そして、骨盤がいちばん開くのは、睡眠中です。いっぽう、骨盤が閉じぎみになるのは、緊張・硬直・プレッシャーを感じているときです。たとえば、スポーツで勝敗を争ったり、頭を使って勉強したり、仕事中もそうです。このような骨盤の開閉は、だれもが無意識におこなっている自然現象です。

ではなぜ、無意識に動いているにもかかわらず、ゆがみが生じてしまうのでしょうか。骨盤を真正面から見たとき、全体が左右対称になっているのが正常な状態です。骨盤の形は逆三角形になり、恥骨は左右水平にピッタリ結合しています(ただし、横から見ると、やや傾いた状態)。骨盤はいくつもの骨で構成されていますが、その骨は外部の刺激から保護してくれる筋肉によって支えられています。

ところが、私たちの健康を支えている骨盤がゆがんでいる人が、近年、増えてきました。ゆがむ原因は、2種類に分けられます。ひとつは、骨や関節の変形によるもの。もうひとつは、骨盤の回りを囲む筋肉群(腹直筋・脊柱起立筋・臀部筋群・内転筋)の衰えです。

骨や関節の変形は、医療機関での治療が必要になります。一方、筋肉や神経の異常による骨盤のゆがみは、整体やカイロプラクティック、エクササイズや骨盤ベルトなどで矯正が可能です。

Copyright (C) 骨盤ベルトの効果を検証 All Rights Reserved