骨盤ベルトの効果は?

骨盤ベルトの効果を検証

骨盤矯正の方法

日常生活

日常生活を送るうちに、骨盤には少しずつゆがみやずれ、傾きや開きが出てきます。ですから、ストレッチやヨガで一時的に矯正できても、日ごろの生活で意識していないと、すぐに元のゆがんだ状態に戻ってしまいます。正しい骨盤をキープするには、日常生活のなかで骨盤をゆがませないための方法を紹介しましょう。

まず、気がついたときには骨盤を支える腹筋を意識するようにしましょう。胸式呼吸ではなく、腹式呼吸をして、腹筋を動かします。 ふだんは使っていないほうの手や足を意識的に使いましょう。右利きの方は、左手を使うようにしましょう。左足から歩き出す方は、右足から歩き出すように心がけます。

骨盤が開きぎみになると、がに股になりやすくなります。意識して、内股で歩きましょう。立ったり座ったりするときは、足の親指側に力を入れるようにしてください。 かかとの低い靴をはきましょう。ハイヒールは、足の小指側に力が入りやすくなりますから、骨盤が開く原因になってしまいます。

横向きやうつぶせではなく、あおむけに寝るようにしましょう。 骨盤のゆがみは、精神的なストレスに結び付いています。できるだけストレスをためないようにしましょう。

背筋を伸ばして、よい姿勢を心がけましょう。椅子に腰かけるときも、深く座り、机にひじをついたり、脚を組んだりしないようにします。 広い場所に行ったときは、ふだんしない後ろ向きに歩いてみましょう。そうすることで、日ごろ使っていない筋肉を使え、ゆがんだ骨盤の矯正につながります。

Copyright (C) 骨盤ベルトの効果を検証 All Rights Reserved