骨盤ベルトの効果は?

骨盤ベルトの効果を検証

骨盤矯正の方法

骨盤矯正ストレッチ

冷え性、肥満、ウェストのたるみなどの症状は、骨盤のゆがみが原因のことがあります。骨盤は、身体の中心にあり、さまざまな内臓を包むように支えています。

骨盤がゆがむと、小腸、大腸、膀胱、子宮、卵巣などの内臓の働きが悪くなり、冷え性、肥満、ウェストのたるみなどの症状となってあらわれるからです。そんなときは、簡単にできる骨盤矯正ストレッチがお勧めです。

1つ目は、足首のストレッチです。まず、枕を使わずにあおむけに寝ます。続いて、両脚を肩幅と同じくらい開き、伸ばしたままの足を片方ずつゆっくりと内側に倒します。ゆっくり息を吸いながら、かかとを前に押し出すようにしてアキレス腱を伸ばします。そのままの状態で5秒間キープします。いっきに息を吐き出し、かかとをゆるめます。

2つ目は、背中の筋肉のストレッチです。あおむけに寝て、両膝を軽く曲げます。右膝を右手でゆっくり身体のほうに引き寄せます。左右を3~5回ずつ行います。 3つ目は、骨盤を開閉するストレッチです。あおむけに寝て、両脚を肩幅と同じくらいに開きます。ついで、両方のつま先を内側に倒します。両足を10~20センチほど、ゆっくり浮かせて一瞬止め、すぐに落とします。これを3回繰り返します。

ここで紹介したストレッチはすべて、あおむけの状態で行います。上半身が緊張したままだと下半身に力を集中できないので、骨盤矯正の効果がうすれてしまうからです。スムースに開いたり閉じたりする柔軟性をもち、外見は前からは細く見え、横からはお尻に丸みがある形をした健全な骨盤をキープしましょう。

Copyright (C) 骨盤ベルトの効果を検証 All Rights Reserved