骨盤ベルトの効果は?

骨盤ベルトの効果を検証

骨盤矯正の方法

呼吸法とエクササイズ

ふだん、わたしたちは「胸式呼吸」をしていますが、意識的に腹式呼吸をすることによって、お腹が動いて横隔膜が上下し、心と体をリラックスさせ、血圧が上がるのを防ぐことができます。

まずは、1)鼻から息を吸います。このとき、おへその下のほうをふくらませようと意識してください。2)口から息を吐きます。おへその下のほうをへこませようと意識しましょう。なお、鼻から息を吐くほうがやりやすい方は、鼻から吐いてもかまいません。

つぎに、椅子を用意します。座ったときに、足のうらが床につくものが理想的です。では、呼吸法を意識しながら、準備体操です。1)椅子に背を伸ばして、座ります。両端の裏はしっかりと床につけます。2)息を吐きながら、姿勢をくずさずに自分の真後ろを見るようにして、身体を右にねじります。3)身体が最大限にねじれたところでストップします。

ゆっくり5回、呼吸をします。ついで、息を吸いながら、ゆっくりと身体を元に戻します。4)左も同じようにしてねじります。左右それぞれ、3~5回、行いましょう。 こんどは、骨盤を守る腹筋を鍛えます。1)椅子に座って、背筋を伸ばします。2)息を吐きながら、右脚を持ちあげ、ひざを胸に近づけます。このとき、手は使わずに、できるところまで脚をもちあげましょう。3)息を吸いながら、脚を降ろします。4)左脚も同じように行いましょう。

続いて、腰の筋肉を鍛えます。1)椅子に背筋を伸ばして座り、両足を肩幅よりも広く開きます。2)ゆっくり息を吐きながら、身体を前に倒して、床に両手をつけます。3)ゆっくり息を吸いながら、身体を起こします。左右、10回行いましょう。

Copyright (C) 骨盤ベルトの効果を検証 All Rights Reserved