骨盤ベルトの効果は?

骨盤ベルトの効果を検証

骨盤矯正の方法

骨盤のゆがみの自己チェック法

骨盤のゆがみは、ある程度自己チェックで確認できます。その方法を、いくつか紹介しましょう。

1つ目は、前後のゆがみをチェックする方法です。まず、おむけに寝て、両脚を腰幅に開きます。つぎに、左右の骨盤のいちばん高いところに親指を、床に中指をつけて、左右の高さを比較します。正常な場合は、左右の高さが同じになります。どちらかが高い場合は、低い方に骨盤がねじれている可能性があります。

2つ目は、上下のゆがみをチェックする方法です。背筋を伸ばして正座し、肋骨の下に親指を当て、骨盤の上に中指を当てて、左右の長さを比べます。正常な場合は、左右の距離が同じになります。どちらかが長い場合は、長い方に骨盤が下がっている可能性があります。

3つ目は、骨盤が開きぎみかどうかをチェックする方法です。あおむけになり、腹筋だけで起き上がります。正常な場合は、腹筋の力だけで起き上がれます。起き上がれないときは、腹筋力が低下していることが考えられます。腹筋力が低下すると、腹筋で守られている骨盤が開きぎみになり、内臓が下垂し、冷え性や肥満につながる恐れがあります。

もっと簡単な方法としては、まっすぐ立った状態で、左右の肩の高さが違う、脚の長さが左右で違う、ネックレスがいつも同じ方向にずれる、片方の靴底がすり減る(とくに、外側だけ)、ウェストのくびれの高さが左右で違う、お尻が大きく下半身が痩せにくい、などの自覚症状がある場合も、原因として骨盤のゆがみが考えられます。

Copyright (C) 骨盤ベルトの効果を検証 All Rights Reserved