骨盤ベルトの効果は?

骨盤ベルトの効果を検証

妊娠・出産による骨盤の変化

妊娠中の骨盤

妊娠中、女性の骨盤は少しずつ開いていきます。同時に、閉じたり開いたり、閉じたり開いたり、という動きを繰り返し、出産の準備を始めます。その間、赤ちゃんは胎内ですくすく育っていきます。

妊娠5カ月目頃に入ると、妊婦さんによっては、腰痛や身体のむくみを訴えはじめます。それは、出産を前にした不安定な骨盤を支えている大腰筋が緊張しているからです。

子宮が大きくなるにつれ、大腰筋は緊張します。背骨をはさんで左右にある大腰筋のうち、片方が異常に緊張してバランスが崩れると、その反動で背骨がねじれて腰痛を引き起こすのです。また、骨盤を支える筋肉群が弱い人は、背中痛や股関節痛、ときには恥骨の痛みも発症します。じつは、この恥骨も、出産が近くなるにつれて開いていきます。

もし、妊婦さんの骨盤がゆがんでいると、母体内で育ちつつある赤ちゃんは居心地が悪くなり、発育が悪くなったり、逆子になったりすることもあります。通常は頭から生まれてくる赤ちゃんが、足から生まれてくると、呼吸が困難になり、赤ちゃんがチアノーゼになることもあります。妊婦さんの骨盤がゆがむと、母体内の赤ちゃんの位置はずれ、それにともなって妊婦さんの身体のバランスも崩れていきます。

赤ちゃんのためにも骨盤がゆがまないように、妊婦さんはペチャ座りや横座りをしないように注意しましょう。妊娠中に骨盤を矯正するメリットとして、筋肉のバランスがよくなるので出産時にいきみやすくなる、骨盤が開きやすくなり出産が楽になる、産後の体力の回復が早まり、母乳の出がよくなることなどがあります。

Copyright (C) 骨盤ベルトの効果を検証 All Rights Reserved