骨盤ベルトの効果は?

骨盤ベルトの効果を検証

妊娠・出産による骨盤の変化

産後の骨盤

妊娠中、徐々に開いた骨盤は、出産時、最も開いた状態になり、赤ちゃんが産道を通りやすくします。出産後、お母さんの骨盤は、ある程度までは自然に元の状態に戻ります。元来、人間の身体には「自然治癒力」が備わっているからです。

ところが、高齢出産や大きな赤ちゃんを出産した場合などは、骨盤のゆがみが悪化し、元の状態に戻りにくくなることがあります。出産後、半年経過しても骨盤のゆがみが気になるようであれば、治療が必要です。もし、骨盤のゆがみに気づかず、何年も開いた状態で放置してしまうと、身体にさまざまな支障が出てきます。

出産後の骨盤のゆがみは、どんな悪影響をおよぼすのでしょうか。まずは、体型が元に戻らないことです。お腹周りや下半身に脂肪がつき、体重も元に戻らなくなります。骨盤が開いた状態が続くと、必然的に太りやすくなるからです。足全体がゆがむこともあります。

体重の増加や赤ちゃんのだっこなど、脚に負担がかかり、O脚やX脚、慢性の膝の痛みを発症する恐れもあります。リンパ液の流れが悪化するため、老廃物がたまり、脚全体がむくんだ状態になってしまいます。しかも、骨盤がゆがむことで、骨盤の周りの大腰筋や腹直筋、脊柱起立筋、臀部筋群、内転筋なども衰えてしまいます。その結果、尿もれなどの症状を引き起こすこともあります。

さらに、骨盤のゆがみから疲れがたまりやすくなり、精神的にストレスをかかえやすくなります。ストレスから、赤ちゃんにイライラをぶつけることにもなりかねないのです。出産によってホルモンバランスが変化していることもあり、精神的に不安定になりやすい時期なので、注意が必要です。

Copyright (C) 骨盤ベルトの効果を検証 All Rights Reserved