骨盤ベルトの効果は?

骨盤ベルトの効果を検証

骨盤のゆがみによる悪影響

不妊

子宮と卵巣は、骨盤の内側にあります。卵巣では、ホルモンの分泌が行われているので、骨盤はホルモンバランスにも影響します。骨盤のゆがみを解消することは、妊娠しやすい身体をつくり、さらには安産しやすい身体を作ることにもつながります。

骨盤がゆがんでいると妊娠できないというわけではありませんが、骨盤のゆがみが妊娠の妨げになっていることも少なくありません。骨盤の内側にある子宮と卵巣は、骨盤がゆがむと圧迫されて血流が悪くなり、子宮と卵巣の働きが悪くなるのです。さらに、骨盤がゆがんだことが原因で、子宮や卵管がねじれたり強ばったりすることもあります。

骨盤内の卵巣では、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されます。骨盤がゆがんで卵巣を圧迫すると、こうしたホルモンのバランスが乱れて不妊や生理不順を招きます。

骨盤のゆがみは、冷え性や自律神経の乱れにもつながります。身体が冷えると排卵や着床の妨げになりますし、血流が悪いと、妊娠してからも、胎児に酸素や栄養をたくさん送ることができなくなります。

骨盤のゆがみから自律神経の通り道である背骨が圧迫されると、血流やリンパの流れを滞らせるだけでなく、ホルモンバランスを崩して妊娠しにくくなったりします。さらに、骨盤がゆがんでいると、出産時にスムースに開きにくく、難産になるおそれがあります。妊娠中の腰痛や股関節痛を防ぐためにも、妊娠前から骨盤のゆがみは解消しておきたいものです。

Copyright (C) 骨盤ベルトの効果を検証 All Rights Reserved