骨盤ベルトの効果は?

骨盤ベルトの効果を検証

骨盤のゆがみによる悪影響

基礎代謝の低下

骨盤は、全身の骨格の中心です。骨盤がゆがむと、身体のバランスが崩れるだけでなく、基礎代謝が低下し、筋力の衰えや下半身太りの原因にもなります。基礎代謝は、人が生命を維持するために消費するエネルギーのことです。運動をしていなくても、呼吸や体温維持、心臓や内臓の活動のために、身体の中ではエネルギーが消費されています。

この基礎代謝量は、年齢を重ねるにつれて減っていきます。基礎代謝量のピークは10代ですから、成人してからは減っていく一方ということになります。

つまり、何もしなくても消費できるエネルギー量は年々減っていくので、食事の量を減らすか、運動をするかして、エネルギーを消費しなければ、消費されないエネルギーは脂肪として蓄積され、太ってしまうのです。

骨盤がゆがむと、筋力が低下し冷え性になります。そうすると、さらに基礎代謝量は減ってしまいます。骨盤のゆがみが、姿勢を悪くし、筋肉の緊張のバランスを崩すのです。そのため、使う筋肉と使わない筋肉が出てきます。それが、筋力の低下を招き、基礎代謝量の減少を招くのです。

さらに、骨盤のゆがみは、血液やリンパの流れを妨げ、循環を悪くし、冷え性やむくみを引き起こします。冷えは脂肪を燃焼しにくくし、基礎代謝量を低下させます。骨盤のゆがみによって骨盤内の内臓が圧迫されると、内臓の活動も低下しますから、それも基礎代謝量のダウンにつながります。基礎代謝量をアップさせるには、骨盤のゆがみを解消する必要があるのです。

Copyright (C) 骨盤ベルトの効果を検証 All Rights Reserved