骨盤ベルトの効果は?

骨盤ベルトの効果を検証

骨盤のゆがみによる悪影響

O脚

脚が細くても、O脚では美脚とはいえません。もちろん、脚の形も大切です。 O脚というのは、左右のくるぶしをつけて立ったときに、左右のひざがくっつかない状態のことです。

骨格が長期にわたってゆがんでいることが原因で、脚に負担がかかり、脚の形が変形しているのです。日本人の多くがO脚に悩まされていますが、たいてい、姿勢の悪さから骨盤にゆがみが生じています。O脚の原因は脚の骨が変形しているからではなく、骨盤のゆがみにあるのですから、O脚を矯正するには骨盤のゆがみを矯正する必要があります。

骨盤のゆがみは、背骨や股関節など全身のゆがみを引き起こしますので、骨盤以外のゆがみがないかチェックし、ゆがみがある場合には骨盤以外の場所もゆがみを矯正しなければいけません。

脚のラインの曲がったO脚より、まっすぐにすらりと伸びた脚の方が美しく見えるのは、いうまでもありません。ゆがんだままの骨盤で立ったり座ったり、歩いたりを、日々繰り返していると身体のあちこちに負担がかかります。足の外側に重心がかかるので、筋肉バランスが悪くなります。そのため、お尻や内ももなどの筋肉が使われず、そのいっぽうで脂肪は落ちにくくなるので、セルライトがたまりやすくなります。

O脚は、治すことができます。治療院などで矯正を受ければ治るのですが、根本原因である骨盤のゆがみを治さなければ、時間とともにまたO脚に戻ってしまいます。骨盤矯正と脚の矯正を合わせて行いましょう。自分でも、骨盤をゆがませるクセや生活習慣を直して、骨盤のゆがみをとるストレッチや体操をすると効果的です。

Copyright (C) 骨盤ベルトの効果を検証 All Rights Reserved